忍者ブログ
フィギュア造型および造形のこと思う存分。 …タイトル画像は西往寺:宝誌和尚立像
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本彫刻の近代展に行ってきた。
イイ美術館だ、竹橋・東京国立近代美術館。
大好きな北の丸公園も近いし。
武道館がその日Yazawa100回記念だったけど…
リーゼントに白スラックスのにぃちゃんたちが、
昼間っから「イェ~イェ~」って楽しそうだった。

…話戻して、彫刻ですが。
光雲の動物は素晴らしかった。特にチャボの尻が!
光太郎はいかにも売れそうな感じ。
ガマとハトの人もよかった。欲しかった。
山崎朝雲は期待したほどではなかったものの、
やっぱり現代的で木でできた現代フィギュアだと思った。
舟越保武もよかった。
荻島安二「風」は最高!
そして一番感激したのは米原雲海か。

雲海さんの作品は、
中国美人の像「仙丹」、
菅原道真11歳の頃という「清宵」と、
ジェンナー氏の肖像「善那」の3点。

このうち、「仙丹」「清宵」の木彫に感激。
いちばん好きな「仙丹」は、
ひょろっとした娘が立っているだけだけど、
雰囲気がふわっとしていながらしっかりした存在感があって、
ちょいとファンタジックで、変なんだけど、
この雰囲気こそいつか作りたいと憧れる。
「清宵」はフツーにすごい。
本物を前にしてみると意外なことに、
きれいにしすぎずちょっと粗さが残ってるのがまたイイ。
細部を彫ってるとこが見てみたいなあ。
彫刻家も記録映像を残してください。

雲海さんは、島根出身。
初め建築彫刻等を学び大工となったのち、
京都や奈良の仏像に触発され彫刻家を志した。
上京して高村光雲(たかむらこううん)に入門し、
師にちなんで雲海と名乗った。
光雲さんと合作(善光寺/仁王像)もある。
コンパスを使った手法を取り入れたことで有名。

ひととおり、展示を見てみると、
素材や台座との接合部なんかも、
彫刻の全体の印象を作るんだな、と改めて思った。
現代彫刻はわかんない…のでノーコメント。

この展示はほんと行ってよかった。わりとゆったりと、
彫刻の横とか後ろも見れるようにしてくれてるのが多数だから。
今週はまだやってます。

日本彫刻の近代展 2007/12/24まで
http://www.momat.go.jp/Honkan/Sculpture2007/index.html

清宵 木彫と石膏型 (画像元)
http://www1.tcnet.ne.jp/arakatuk/unnkai1.html

michizane1.jpg 「清宵」クリックで拡大します。

michizane3.jpg うーん美しい。

Kaze.jpg 荻島安二「風」 好きだなこれ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
所蔵方より
所蔵主様よりメッセージをいただく?とは大変うれしいことです。作品解説もいただきありがとうございます。

ホームページはあらかじめ拝見しておりましたが、貴重な写真や情報があり、好きな作品についてより詳しく情報を得ることができ、感激しました。
展示への出品は大変なご苦労があるかと思いますが、すばらしい作品を間近に見られる機会いただきありがとうございます。また他の所蔵作品にも出会える日を楽しみにしております。
dokuninjin 2008/01/15(Tue)13:00:05 編集
清宵
展覧会での作品の感想有難うございます。この作品の最大の特徴は木目に逆らって手足顔以外の衣の部分が刻まれているということです。木目にそって彫るのに比べ3倍の時間と器量よ要しこのような彫の作品は皆無に近いのでは。このころの明治期の作品は一般的に岡倉天心の影響も受け動きのある古代に想いを馳せた作品が多くあります。この清宵は日英博覧会において金賞を受けた作品にて永らく部屋の片隅にホコリまみれにてようやく約100年振りに表舞台に現れました。はや来年の展覧会の展示依頼もまいっておりますが、作品の保存に注意していただきたいと思います。
かつちゃん URL 2007/12/28(Fri)11:26:46 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
べろべろべろべろ〜
飲み過ぎには気をつけよう。仕事ください 090-4386-9690
URL 2009/12/27(Sun)15:49:09
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[02/20 dokuninjin]
[02/20 goldfish]
[01/15 dokuninjin]
[01/15 dokuninjin]
[01/06 メルキアデス]
プロフィール
HN:
ドクニンジン
性別:
非公開
趣味:
造型、造形観賞
自己紹介:
造型・造形が好き。才能と作品には乏しい。
京都精華大学美術学部修了
美学校造形基礎修了
美学校フィギュアスクラッチビルダー修了してないけど事情により休学中…
ブログ内検索
美術系おすすめ
遊美堂 和工芸編
このブログの参考にしてます。
鉛筆彫刻
パンパナイ。
Skeleton Gig Video
造形に動きを加えることの意義。
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ [PR]